おすすめの小説『当確師』真山仁

こんにちは、まっさんです。

今回はTVドラマ化もされた経済小説『ハゲタカ』の著書、真山仁さんの新著『当確師』のご紹介です。

ある政令指定都市の市長選挙を舞台に、当確率99%を誇る選挙コンサルタントが暗躍する、政治の世界を描いた物語です。

選挙を題材とした小説は初めて読みましたが、フィクションとは言え、選挙の裏側では実にさまざまな権謀術数がめぐらされているものなんだなと驚きました。

選挙の裏側を垣間見ることのできることエンタメ小説としてもオススメですが、会社員としても役に立ちそうなポリシーやテクニックも書かれており大変勉強になる小説でした。

今回僕がなるほどなと勉強になったポイントを少しだけご紹介しておきます。

“争わない”

詳しくは小説を読んで楽しんでもらえればと思いますが、最終的な目的は同調しながらも、その手段の対案や補足案を提案するという方法は、ビジネスにおいての処世術としても有効でしょう。

違う立場の者たち同士で争うことはせず、同じ土台に立ち、双方が尊重しあいお互いの利益を調整することが大切なんですね。

小説はほんとに様々なことを教えてくれますね。

では今回僕が買ったこの本の帯キャッチコピーをご紹介しておきます。

“選挙 ー それは、なんでもありの人間ドラマだ!”

#真山仁 #当確師



☟この記事をSNSでシェアする☟

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です